YOU ZAPPED TO ...

おきらくごくらく

『影に抱かれて眠れ』

私がほぼ毎晩歩いている街、野毛を舞台とした映画。原作は北方謙三の『抱影』。*1
公開初日の今日も桜木町から野毛を歩き、伊勢佐木モールを抜けて、映画にも出てくるホテルグランドサン横浜の目と鼻の先にある横浜シネマリンで観てきた。

毎晩僕が歩いている街が舞台。感想?聞かないでくれ。#movie #映画 #影に抱かれて眠れ

映画は野毛の都橋商店街から始まるものの、描かれる夜の世界は伊勢佐木町側ね。

普段から見慣れた横浜のくたびれた気だるい雰囲気の街が随所に出てくるので、虚構の映画を観ているというよりも、現実の世界を切り取られている感じがして面白い。
加藤雅也演じる主人公硲冬樹が住む海の見える部屋や響子と会うビーチ沿いのカフェがどこかはイメージが沸かないが)
画商役に余貴美子、主題歌「場末の天使」を担当するのはクレイジーケンバンドと、地元に関わりのある人が関わっているのが良い。

さて、映画の中身の方であるが、出演陣はなかなか良い、と思った。
特にイカレタ中井役の湘南乃風の若旦那はわかりやすい魅力があるし、響子役の中村ゆりは37歳とは思えない美しさがあるし。
残念なカップルの岩井信治役カトウシンスケ、ヒロミ役中山こころもいい感じだった。

しかしながらである、なんですかね。
原作が悪いんでしょうか、シナリオが悪いんでしょうか、演出が悪いんでしょうか、編集が悪いんでしょうか。全体的に残念な内容なんだよね。

今のところ『居眠り磐音』*2とならんで僕の中の「クソ映画オブ・ザ・イヤー」の最有力候補である。

鑑賞メモ
評価 ★☆ 1.5/5 | 2019年 9月 6日 | 横浜シネマリンにて鑑賞 | 今年50本目かな

予告編

作品データ
『影に抱かれて眠れ』
2019年 | 日本 | 108分 | 日本語 | カラー
ジャンル: ドラマ
監督: 和泉聖治
脚本: 小澤和義
キャスト: 加藤雅也中村ゆり松本利夫、カトウシンスケ、若旦那、他
オフィシャルサイト: http://kagedaka.jp/

*1:残念ながら未読。

*2:これにも中村ゆりが出演していたな・・・