YOU ZAPPED TO ...

おきらくごくらく

『ラ』

誰もが生まれてきたときの産声は「♪ラ」であるという。

シネマ・ジャック&ベティ*1の会員更新に行って無料鑑賞券を受け取り、そのままタイミングよく30分後に上映されかつ最終日ということでたまたま観た。つまり特に期待も前情報もなく観たわけだ。

解散したバンドを再結成させたい青春音楽映画だと思わせるような形でストーリーが開始される。ポスターのむさ苦しさもあってバンド再結成を夢見てそれがかなわない若者のお話程度にしか認識していなかった。
それがそれがあれよあれよと言う間に状況が変わっていき・・・登場人物に対する印象も初期と後半ではコロコロ変わり、本当にいい意味で裏切られた。

主人公慎平の甘ちゃんぶりには腹の立つことも多く、彼周辺の黒やんやゆかりもかなりまともではないが。最終的にはすべての登場人物が愛おしく感じた。
いや、ダビデ、お前は怖くて愛おしくないわ。

結局なんだかんだで『ラ』だけの力技映画なんですけどね。

<追記> 『ラ』のスピンオフ『ソ』と『#ソ』にアクセスするためのURLつきポストカードが上映時に配布されていた。これは観た曜日によっていずれかがもらえるという仕組みだったので、『ソ』、『#ソ』両方観る為には『ラ』を劇場で最低2回観る必要があるというわけだ。 残念ながら私は『ソ』のURLしか知らない。

映画『ラ』スピンオフ『ソ』〜1年前の3人〜
youtu.be なんとアドリブとのこと。完全にキャラになりきっているわ。

※『#ソ』のURLを教えて下さい。

鑑賞メモ
評価 ★★★ 3/5 | 2019年 7月19日 | シネマ・ジャック&ベティにて鑑賞 | 今年34本目

予告編

作品データ
『ラ』
2019年 | 日本 | 120分 | 日本語 | カラー
ジャンル: 青春
監督: 高橋朋広
脚本: 高橋朋広
キャスト: 桜田通、福田麻由子笠松将清水尚弥、キンタカオ、他
オフィシャルサイト: http://movie-la.com/